Amazonギフト券の買取必勝法

Amazonギフト券買取サイト利用時に注意するべき点

Amazonギフト券もらったけど、
「いま買いたいものがないんだよね~、とりあえずアカウントにチャージだけしとくか」って放置プレーして、結局買いたいものがないまま有効期限直前にどうでもいいものを買って後悔しちゃうタイプのあなた!

Amazonギフト券も買取してもらえるって知ってますか?
どうせもらったギフト券、手早く買取してもらって現金化しちゃうのが今時のAmazonHackなんですよ!

Amazonギフト券の買取サイトと金券ショップの違い

ネットで「Amazonギフト券 買取」って検索すれば、かなりの数の買取サイトが出てきます。でも、逆に街中にいっぱいある金券ショップではAmazonギフト券は買取をしてもらえないんです。

なぜ街中の金券ショップがAmazonギフト券の買取をしないのかと言いますと、Amazonギフト券はビール券や図書券みたいに紙の商品券と引き換えに買取をすることができないからなんですね。

Amazonギフト券はギフト券番号という14桁または15桁のコードが価値をもっています。このコードをAmazonのアカウントに登録(チャージ)することでギフト券が使われたことになります。

この「アカウントにチャージした時に使用済みになる」、というのがミソで、金券ショップにAmazonギフト券を売り渡した後でもギフト券番号を控えておいてチャージしてしまえばそのギフト券はその瞬間使用済みになってしまうのです。

金券ショップにしてみたら買取って在庫しておいたものをお客さんに売った時にすでに使えない状態になっている可能性があるのでAmazonギフト券を買取することができないんですね。

ではネットの買取サイトはどうして買取をしてくれるの?

例えば、Amazonギフト券買取サイトの買取丸

ネットの買取サイトは、買取依頼者からメールやフォームからギフト券番号を送ってもらって、そのギフト券を安く買いたい人にネットで転売するんです。

買いたい人のアカウントに登録できれば買取が成立となって、ギフト券の買取を依頼してきた人に買取代金を支払います。

つまり、街中の金券ショップでは買取依頼者に先に買取代金を支払うので、その後使用済みにされてしまうと丸々損してしまいます。それに対し、ネットの買取サイトは転売して購入者から先にお金をもらった上で後払いで買取依頼者に買取代金を支払うのです。

こうすることで買取サイトは買取ったギフト券があとから使用済みにされてしまうリスクを回避することが出来るため、街中の金券ショップでは買い取れないAmazonギフト券の買取を行うことができるのです。

中には詐欺行為を行うAmazonギフト券買取サイトも

Amazonギフト券の買取サイトが増えることで買取率(例えば1万円のギフト券を9,000円で買取る場合は、買取率90%)の競争が起きるので買取を依頼する側からすれば高く売れる可能性が高まるのでいい話しです。

実際にちょっと前までは買取85%ぐらいが相場だったのが最近では90%で買取するサイトが増えています。1万円なら500円も違うのでかなり買取率が良くなっていますよね。

ただここで注意が必要になってくるのが、「事前に約束した買取率通りに支払ってくれるのか」という点です。

ネットでは買取業者に騙された、という書き込みも見られます。
ここは慎重に買取サイトを選ぶ必要があります。

一番いいのは友人、知人が実際に買取ってもらったサイトを利用することですが、Amazonギフト券の買取サイト利用者が知り合いにいるとは限りません。

その場合、まったく知らない買取サイトの中から選ばなければなりません。ちょっと不安になりますよね?

そんなあなたのために安全なAmazonギフト券買取サイトの選び方をご紹介します。

Amazonギフト券買取サイトの選び方

1.サイト上に必要なことが明記されているか

買取サイトを運営するには以下の情報を開示する必要があります。

これらの情報がサイト上に記載されていないサイトは避けたほうがいいでしょう。
書いてあるから安全ということではありませんが、書いてないサイトは使わないに越したことはありません。

特にチェックしたいのは、
・運営者が法人であることが明記されているか
・所在地にその建物が存在しているか
・古物商許可番号を掲出しているか
の3点はチェックするべきです。

運営者

運営者がサイト名だけだったりするものは個人が運営している、または会社名を隠したいなにか理由があると考えていいと思います。

法人運営であれば安全ということではありませんが、そうでないサイトは使わないに越したことはありません。

所在地

所在地については住所を検索してみましょう。

その住所がなければこれは危険です。利用するのは止めましょう。
また、住所はあるけどそこに運営者が実際にはいない可能性もあります。

住所に私書箱と付けて検索してみてください。

私書箱の住所や郵便局の住所が使われている場合は架空の住所である可能性が高いので利用は止めたほうがいいでしょう。

住所があり私書箱ではないからといって安全ということではありません。最低限のチェックと言えるでしょう。

古物商許可番号

古物商許可番号が掲出されていないサイトは避けたほうがいいでしょう。

古物商の許可番号が掲出されているからといって安全ということではありません。最低限のチェックと言えるでしょう。

2.買取条件がよすぎないか

特に重要なチェックポイントです。

上記の最低限のチェックポイントを確認したら次は重要な部分をチェックしていきましょう。

買取条件と利用規約

最近高額でAmazonギフト券を買取るような表示をしておきながら、利用規約などを読むと最終的には買取率が悪くなる条件が書かれているサイトが増えています。

ユーザーを騙すような表示がされているため、高額で買取ってくれる、すぐに買取代金を支払ってくれると思いAmazonギフト券を送ってしまうと結果的にはギフト券額面の15%~20%程度しか支払われないという詐欺的な行為です。

例えば、広告やサイト上では『買取率97%』『買取率95%ご新規の方はプラス3%』など好条件を謳っていながら、20%ぐらいの金額が振込まれます。

問合せをしても、利用規約に『申込みが10枚以上の場合の1枚にのみ適用』『その1枚以外は20%で買取』『キャンセルした場合はキャンセル料として20%』などといったことが書かれているのを同意して申込んだんだから案内通りだとむちゃくちゃな突っぱねをしてきます。

この手のサイトは、問合せをしている時点では非常にいい条件でちゃんと支払います、うちは詐欺サイトではありません、などと受け答えするので騙されないようにしてください。

きちんと警察や弁護士に相談すれば「事実誤認による契約」なので無効にすることも可能と思いますが、弁護士費用や時間を考えると泣き寝入りになってしまうことが多いでしょう。

そうならないためにも利用規約はしっかりと目を通して条件が悪くなるようなおかしな文章が入っていないか確認しましょう。

3.サイトのセキュリティ(SSL)

Amazonギフト券は金券の一種ですので、しっかりとセキュリティで保護されたサイトであるべきです。また申込みをする際に登録する氏名などの個人情報や本人確認をする運転免許証なども安全に管理されているか気になるところです。

少なくともサイトにSSL(登録する情報が外部から盗み見ることができない仕組み)が導入されているぐらいのセキュリティ意識のないサイトとは取引をしないほうがいいでしょう。


以上を参考にAmazonギフト券の買取サイトを選んで見てください。
おすすめは『買取丸』です。